就業規則作成時の注意点−無料求人広告掲載ナビ(アルバイト・パート募集)
就業規則作成時の注意点


 アルバイト用の就業規則を作成している場合、正社員用の就業規則の中で別に定めている旨を明記しておくことが必要です。 また正社員の就業規則を準用する場合は、就業規則の各規程の中でパートに適用する部分と適用しない部分を明確に、規則は準用するが基準を変えて適用する場合はその部分及び基準を明確にしておく必要があります。

 労働基準法第90条において『使用者は、就業規則の作成又は変更について、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者の意見を聴かなければならない』とあり、労働者の意見を聞かなければならないことになっています。

 その際、アルバイト用の就業規則ならアルバイトの意見だけ聞けば良いのではなく、正社員の意見も聞かなければなりません。
 アルバイト用と正社員用の2つの就業規則があるのではなく、両方合わせてその事業所の1つの就業規則として扱われるためです。


Copyright(C) 2009
無料求人広告掲載ナビ
(アルバイト・パート募集)

就業規則作成時の注意点−無料求人広告掲載ナビ(アルバイト・パート募集)